材料切断その3(Cutting material Part3)

IMGP0021.JPG

丸太をカットするため墨を出します。
今回は般若とかべし見などの怨霊・鬼神を作るため
厚みを100mmとしました。上の墨を下に正確に移すのが
なかなか難しいんです。レーザーを使えば更に正確に
出せるんですがね。
I'm marking to cut the wood.
The thickness is 100mm to make a revengeful spirit or a fierce god
such as hannya or beshimi. It's quite difficult to transfer upperline
to lowerline correctly. Laser marker would make it more correctly.


IMGP0024.JPG

乾燥が進むにつれて木の皮が剥がれて落ちるので何回も
掃除が必要です。家の中なので面倒ですね。
The bark is peeling off as it dries and so I have to clean it each time.
I can't be bothered to do it because of inside the hause.


IMGP0026.JPG

チェーンソーで切ります。くれぐれも慎重に進めます。
もちろん晴れの日にしか出来ません。その上、
チェーンソーの掃除も大変なんですよ。
カバーを外してオイルと切子の混じったものを
爪楊枝とティッシュペーパーで取る。なかなかこれが面倒なんですよ。
A chainsaw. I have to be very careful.
Of course I can do it only on a sunny day.
Besides,it's very tough to repair the chainsaw.
It's a bother to remove a cover and the mixture of oil and wood chips
with toothpick and tissue paper.


IMGP0028.JPG

切れました!切断面がきれいです。
イチョウはかなり独特の臭いがします。
Here they are. What a beautiful cut surface!
Icho has a pretty unique smell.


IMGP0029.JPG

上下から切ります。
I cut the wood upside down.


IMGP0030.JPG

時々ひっくり返して乾燥させます。
能面一個作るのに数か月かかるのでこれに手を付けるのは数年後でしょうか(笑)。
でもこれらがいずれ能面になるのを考えると何かワクワクしますね。
その頃には今流行の新型コロナウィルスも終息しているでしょう。
They are occasionally turned over and dried.
It takes several months to make one nohmask
so I suppose it'll be several years later to set to work on carving.
I'm excited they'll be becoming nohmask someday.
Novel-coronavirus will have been finished until then.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る