若曲見4(wakashakumi4)

若曲見は2018年に東京で作ったもので、彩色はしていませんでしたが 最近完成させました。4とあるからには1、2、3もありましたが、あまりにも 似なかったので制作写真は撮っていませんでした。 というか撮る気がしませんでした(笑)。材料はイチョウですが、 偶然にも真ん中に節の跡があります。 This is Wakash…
コメント:0

続きを読むread more

泥眼4(Deigan4)

これは12年前に作った泥眼ですが、ちっとも似なかったので 結局は墨書面にしてしまいました(笑)。 材料は春椿(チャンチン)です。 This is Deigan I made up 12 years ago. It doesn't look like Deigan at all. I made it So,I've w…
コメント:0

続きを読むread more

孫次郎 (Magojirou)

孫次郎と言う名前が付いてますがこれはれっきとした女面です。 その昔、金剛右京久次(孫次郎)という能楽師が、亡き妻の面影をしのんで 作った面の名前だそうです。 This is called "Magojirou", but it's an authentic feamale mask. It's the name th…
コメント:0

続きを読むread more

達磨5 (Daruma5)

日曜日に数年前東京にいた頃の会社のiさんに電話してみました。 大企業だけあってやはり在宅勤務になったそうです。 皆さん、家で誘惑に駆られずに?仕事しているんでしょうか。 もしも私も東京を離れていなかったら、コロナを気にしながら アパートでシコシコ仕事と能面の両立に悩んでいたかもしれません。 今となってはとてもとてもとて…
コメント:0

続きを読むread more

達磨4 (Daruma4)

何とか形になりました。およそ思った通りの丸み具合となりました。 次は鼻両脇から両口にかけての曲面の具合を想像しながら彫ります。 口の位置と形が決まらないと、鼻の形が決まりません。 逆だとうまくいきません。順番があるんです。 It's starting to take shape. The round shape is…
コメント:0

続きを読むread more

達磨3 (Daruma3)

彫りながら達磨の彩色はどうしようかと考えます。 よく見かけるように顔の周りは赤、目は黒、肌は白で は全く芸がありません。 他の色をなるべく混ぜるようにし極力純色は避ける。 ぼかしを入れる・・等。 I'm thinking what to do with Daruma colouring. As you often…
コメント:0

続きを読むread more

大飛出(0-tobide)

大飛出は、一説にはご神体となった菅原道真が怒りの余り ぐわっと口を大きく開いて柘榴を吐き出した顔だと言われています。 作った時は何も思ってもいませんでしたが、こんなご時世となった今、 家のどこかにでも飾って厄除けとしたいものです。 According to one explanation, O-tobide is sai…
コメント:0

続きを読むread more

泥眼3(Deigan3)

三回目の泥眼です。この木の種類はついに分かりませんでした。 比較的硬く薄い赤みを帯びた木でした。泥眼は難しく、この先 7回目ほどからやっと形になって来ます。 This is the third time Deigan.I tried to look it up, but I couldn't find it. It's …
コメント:0

続きを読むread more

達磨2 (Daruma2)

達磨の型紙を作ったんですが、寸法を間違えて全部やり直す羽目に なりました。材料の方が少し小さかったんです。材料の大きさに 収まるように顔正面の型紙をコンビニに行って縮小コピーします。 I made up the pattern paper of Daruma, but I ended up remaking every…
コメント:0

続きを読むread more

泥眼2(Deigan2)

今まで泥眼は10個くらい作っていますが、なかなか気に入ったものが 出来ません。今回は初期の頃の作品です。材料は朴の木です。 I've made about ten piece of Deigan masks, but I didn't like any of them. This is my early work. The…
コメント:0

続きを読むread more

達磨1 (Daruma1)

最近、朝目が覚めて特に体調が悪くないとホッとします。というのも コロナが再び拡大し始めているからです。私も結構いい歳になって きているのでいつ何時感染するか分かりません。 Recently, I'm relieved to feel well when I get up in the morning. Because c…
コメント:0

続きを読むread more

般若(黒) (Hannya(black))

材料に使うこの木の種類は調べたのですが結局分かりませんでした。 幾分硬い木です。 I looked this kind of wood up but I ended up not turning out. It's a sort of hard woods. まずは四角のブロックを作ります。ノミの頭も使い…
コメント:0

続きを読むread more

大べしみ(O-beshimi)

今日から8月ですが、コロナが一向に減少しません。夏には減るとも 思われましたが今年の冬がマジで心配ですね。今思えば4月頃から駅も ゴーストタウンのようになりバスも電車も余り人が乗っていませんでしたね。 It's August today. Coronavirus doesn't decrease at all. It…
コメント:0

続きを読むread more

小べしみ(Kobeshimi)

「小べしみ」とは地獄からの使者だそうです。大きく息を吸い込み、 口をへの字に曲げて息を止めて一気に罪状を言い渡す時の 閻魔様の顔なんでしょうか。 Kobeshimi is said to be a messenger from hell. Would it be Enma daio face? He is takin…
コメント:0

続きを読むread more

蛇(Ja)

もっと気軽に記事をアップしたいのですが内容が内容だけに時間が かかってます。英文が正しいかどうかチェックするのに時間がかかるので、 数週間前には元の記事が出来ていないと当日アップに間に合いません。 I'd like to feel free to post on my article, but it's taking …
コメント:0

続きを読むread more

山姥(yamanba (mountain witch))

山姥もそうですが今作ったらもう少し違うものになろうと言う部類の一つです。 山姥のイメージはと言うとこんな感じでしょう。山奥のポツンと一軒家に老婆が 住んでいました。 Yamanba is also one of the sort of mask which might become a little different…
コメント:0

続きを読むread more

賢徳(kentoku)

今回は狂言の面「賢徳」です。面の中で唯一ユーモラスな表情をした面です。 大きさは能面より少し小さいですが技術的な面ではあまり悩まないで出来ました。 This time I'll show you kyougen-men "kentoku". It's a humorous look only in the masks.…
コメント:0

続きを読むread more

能面修復(Repairing Nohmask)

昔作った「泥眼」を修復しようと思います。どう修復するかは やりながら考えようかなと思います。今回は歯が小さかったので 大きくし鼻の穴も大きくします。人相は変わりますが目尻も変えます。 裏面も貫通部など影響の出る箇所は漆を 部分塗りします。気は引けますが面倒ですね(笑)。 I'm planning to repair…
コメント:0

続きを読むread more

能面の匂い(The smell of Nohmask)

能面の材料である木からは特有の匂いがします。丸太から切出した時と 彫り始めた時が一番香ります。杉なんかは切ると早速匂いが出てきますが、 昔、大工の材料加工場に入った時を思い出します。何とも癒される香りですね。 The woods that are materials for Nohmask have unique sm…
コメント:0

続きを読むread more

痩男(yase-otoko)

この面は生類殺生の罪により死後、地獄の苦しみに悩まされる漁師や漁夫の霊を 演ずる時に使う面だそうです。材料は硬い桑の木を使って見ました。 硬くてもゆっくり進めれば彫れます。 This mask is said to be used when performing the spirit of fishermen who…
コメント:0

続きを読むread more

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る