十寸髪(masukami)

IMGP4516.JPG

十寸髪は11年前に作ったものです。特徴はありますが
女面なので難しいですね。
Masukami is made eleven years ago. It's an unique face but
it's difficult as a feamale mask.


IMGP4348.JPG

材料はイチョウです。片側が斜めなのでカットする手間が省けます。
この手間省略は大きいですよ。
The material is Ginko. one side is sloped, so that will save
me the cutting of trouble. That is very helpful.


IMGP4350.JPG

ひっくり返すとまだ樹皮が付いてますが、どうせなくなる部分
ですから無理に剥がさないこととします。
朴などは乾くと自然と剥がれてきます。
You turn it over, you can see a bark.
I won't peel it off because it will be cut.
Magnolia comes off naturally after it dried.


IMGP4382.JPG

不要な部分は印をつけてカットします。
I'm marking the unwanted part and cutting it down.


IMGP4448.JPG

いつもながらこの形になるまで一苦労なんですよ。
ここまでは機械的作業なので効率を考えます。
ほとんど義務的ですね(笑)。
I had a difficult time making this shape as usual.
I'm thinking the efficiency on the work
because it's mechanical work up to here.
It's almost like a obligated work for me(laughing).


IMGP4478.JPG

ここからが本題になります。
ここからは機械的でなく感性が必要になってくるので
面白くなりますよ。
顔のセンターをまず彫ります。
So this is where we begin with our main issue.
Now,you're going to need an artistic sense not mechanical work,
It's gonna be interesting.
First, I'm going to carve the centre of the face.


IMGP4481.JPG

顔の輪郭を彫ります。
Carving the out-line of the face.


IMGP4486.JPG

顔中心ラインとライン①が額で交差します。
Both of the centre line and line② are crossing at the head.


IMGP4491.JPG

各横ラインと顔中心を彫りました。
一見しただけでは何が何だか分かりませんね。
Just carved all the side-lines and the centre.
On a first glance, you have no idea what's what.


IMGP4494.JPG

出っ張りの大きい部分から順次彫って行きます。
First, I'm going to carve the large protruding part.


IMGP4493.JPG

両方少しづつ彫っても問題ありません。
ライン②と滑らかに繋がるように祈ります(笑)。
と言ってもほぼ滑に繋がりますよ。
It's OK to carve the both little by little.
I pray it will be connected to the line② smoothly(laughing).
That being said, it'll be usualy connected.


IMGP4495.JPG

全ラインを彫り終えてとりあえずこんな感じとなります。
この後、細かい部分を修正します。
It looks like this after all lines are carved up.
After that, I'm going to modify the details.


IMGP4499.JPG

鼻ラインです。
上口・下口ラインが何とも言いようがなく滑らかで素晴らしいですね。
The nose line.
The upper-lip line and the lower-lip line are indescribably smooth
and wonderful.


IMGP4500.JPG

上口ラインです。
The upper-lip line.


IMGP4501.JPG

下口ラインです。
The lower-lip line.


IMGP4503.JPG

この段階で慎重に目を描き入れます。
I'm drawing the eyes carefully at this step.


IMGP4507.JPG

ここで目の膨らみがおよそ決まります。
The bulge of the eyes are decided here.


IMGP4510.JPG

さあ、似たでしょうか。この段階でエンピツで描ける
情報は全て書き込みます。正面から見るとどこをどう
削るかある程度分かるようになります。
Does it look like the picture? At this step,
I'm drawing the information
such as the eyes, the nose, hair..etc.
So, you can find where and how you shave the surfaces
when you look at the front.


IMGP4511.JPG

ここで頭の出っ張りを修正します。
面倒がらずにここで妥協すると後で後悔しますよ。
Modifying the bulge of the head here.
Not being a bother.
If you compromise here, you will regret it later.


IMGP4512.JPG

紙やすりで仕上げます。
力を入れるので結構疲れますよ。
Finishing with sandpaper.
You'll be pretty tired because you need your finger power.


IMGP4513.JPG

裏は中心から左右均等に彫っていきます。
余り考えなくともある程度までは機械的に彫れます。
Carving symmetrically to the centre in the back.
You can carve mechanically to some extent
without thinking so much.


IMGP4515.JPG

イチョウの黄色が奇麗だと感じる時です。また匂いも独特ですよ。
切れる彫刻刀だと気持ちいいほどよく彫れます。
丁度、パウダースノーの斜面をスキーで気持ちよく
滑っている様な感じですか。
It's time when I feel Gongko yellow color is beautiful.
It also has a distinctive smell.
You can carve it comfortably if carving nife cuts well.
It looks like you're skiing down the slope comfortably on fresh snow.


IMGP4517.JPG

額とアゴを部分的に深く彫って目と口の両脇に目安の穴を開けます。
Carving deeply forehead and chin and make a guide hole with a gimlet.


IMGP4518.JPG

表面完成です。
眉間にしわを入れると神経質な顔になります。
The front side has been finished.
Putting wrinkles between the eyebrows makes nervous look.


IMGP4609.JPG

漆を塗ります。
可能なら拭き漆に移行しようと思ってますよ。
It's lacquering.
I'm planning to shift from lacquering to wipe-lacquering if necessary.


IMGP5231.JPG

完成ですが、追って彩色をやり直す予定です。
Now,it's done,
but I'm planning to start over for colouring next time.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る