若曲見4(wakashakumi4)

IMGP0066.JPG

若曲見は2018年に東京で作ったもので、彩色はしていませんでしたが
最近完成させました。4とあるからには1、2、3もありましたが、あまりにも
似なかったので制作写真は撮っていませんでした。
というか撮る気がしませんでした(笑)。材料はイチョウですが、
偶然にも真ん中に節の跡があります。

This is Wakashakumi I made in Tokyo in 2018, which wasn't coloured.
Recently I've finished it. Now that there's four, there were one, two,
three. I didn't take pictures because they were not similar at all,
or rather I didn't feel like taking a picture.
The material is Icho and unexpectedly has a trace of knot in the middle.

今回はこれをかわせるかどうかがポイントです。かわせなかったら・・・?
それはその時に考えましょう。頭の二重線はもっと頭を四角くしたかった
からです。

The key is whether I can avoid this or not. If I couldn't...?
We'll cross that bridge when we get there.
The double lines on the head mean that I wanted to make it more square.


IMGP0562.JPG

何とかスタートしたんですが・・。
I managed to start somehow..


IMGP0570.JPG

鼻です。
The nose.


IMGP0631.JPG

頬の膨らみが全然わからないので徐々に削った結果です。
若曲見は顎がしゃくれています。その分、頬が凹んでいるので
加減が難しいです。

I don't know how round the cheek will be and the result is...
Wakashakumi has a turned-up chin, and has hollow cheeks instead.
It's difficult surface control.


IMGP0639.JPG

節の跡は裏面はかわせるかな。
I wonder I could avoid the trace of knot on the back.


IMGP0691.JPG

節の跡は表はかろうじてかわせましたが、裏面はダメでした。
でもこれはこれで個性があることにしましょう(笑)。
I could do it on the front, but apparently I couldn't on the back.
Let's leave it at that it's originality(laughing).


IMGP0699.JPG

彫りは完了ですが、何かが違う。
どうもペテン師がニヤッと笑っているような感じがして・・。
うーん、・・・思い切って修正しよう。

I've finished carving.but this is something different from
what I was expecting. It feels like a charlatan is sneering.
Well, I'll take the courage to modify it.


IMGP0005.JPG

目尻と頬を削ります。
Carving the outer corner of the eyes and the cheek.


IMGP0137.JPG

頭も削ります。
Head, too.


IMGP0037.JPG

胡粉で下塗りします。
Undercoating with Gohun.


IMGP0575.JPG

上塗り:奇麗に汚します。
Final coat: It means in Nohmask world that you're making it dirty cleanly
in other words.


IMGP0577.JPG

髪の毛のラインを下書きします。
Making a draft for the hair.


IMGP0006.JPG

完成しました。
It's completed.


IMGP0009.JPG

雰囲気がちょっと変わった感じがします。
I feel it looked slightly different.

材料の丸太を裁断した時点でこの材料は捨てようと思いましたが、
能面まで到達出来て正解。材料は自家製なこともあり貴重です。一個たりとも
無駄には出来ません。寸法・ラインが絶対ではないですから、不具合があっても
ギリギリまで見極めることが大事ですね。

I thought I'd throw this material away when I cut up wood.
I'm glad to have come to Nohmask.
The materials are valuable as they are homemade.
I can't waste even one. Dimensions and lines are not always necessarily.
Even if there is a problem, it is important to identify it to the last minute.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る