泥眼4(Deigan4)

09020012.JPG

これは12年前に作った泥眼ですが、ちっとも似なかったので
結局は墨書面にしてしまいました(笑)。
材料は春椿(チャンチン)です。
This is Deigan I made up 12 years ago.
It doesn't look like Deigan at all. I made it
So,I've written in ink on the mask. The material is Chanchin.


09020024.JPG

今回は材料の芯が飛び出ています。これが影響するかどうか
見物でしたが何とか大丈夫でした。でも個性が出るかどうかは
こういう材料に出会って初めて発揮させられるものだと思うんです。
曲がったら曲がったなりの顔になる。面白くていいじゃないですか(笑)。

This material has a protruding core. I was worried whether that has
an effect on carving, but it was OK. I think you can find out your originality
for the fist time when you come across such material.
Even if you make it not crooked, it might be crooked face.
Isn't that good to be interesting (laughing)?


09020026.JPG

板目方向に割ります。
This wood splits easily along the grain direction.


09030001.JPG

さあ、ここからスタートです。
何やらため息が出そうですが、ここを通過しなくては完成は永遠にないと
思うと、とにかく「やる」のみです(笑)。
Now, you're starting here.
All I can do is sigh, but there's nothing but to do it.
Nothing ventured, nothing gained.
If you don't do it now, it won't be completed forever.


10040001.JPG

今回は途中の写真は撮っていなかったのでいきなり完了です。
の上に乗せてみました。アフロヘアーを彷彿とさせます(笑)。
厳格な伝統工芸の能面だと思うんですが、こういうオチャラケもたまには
「アリ」ですよね。
Suddenly it is completed because I didn't take pictures on the way.
I put it on the wood chips. It reminds me of afro hair(laughing).
I think Nohmask is Japanese strict traditional crafts.
This kind of joking around, it's okay if it’s once in a while.


03260005.JPG

最終形はこんな顔をしていました。
何しろ何から何まで分からず仕舞でしたから
似るはずがないですよね(笑)。
The final face was like this.
Because I never knew what it was.
It can't be similar.


IMGP0378.JPG

あれから8年たった今、コロウィルスが発生し、ここぞとばかり
お面に書き留めておきました。このお面が火事で灰にならない限り
100年後、誰かの目に留まったらと思うばかりです。
It's been 8 years. It's a pandemic outbreak of coronavirus this year.
On this occasion I wrote it down on the mask.
As long as this mask won't be burned to ashes,
I just wish it could catch someone' eyes 100 years later.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る