漆に被れる(poisoned by lacquer)

IMGP0081.JPG

前回、漆にはかぶれなかったと書きましたが訂正します。
実は久々に漆にかぶれてしまいました。
先週後半あたりから鼻下・指の間が何となく痒いなと思ってはいたんです。
今週になって指の間に発疹が出てきました。あ、被れた。と思いました。
日中はそれほど気になりませんが、風呂に入るとじわーっときます。

I'll correct that I wasn't poisoned by lacquer last time.
In fact, I've been poisoned by lacquer in a long time.
I had itchy under the nose and between the fingers in the second half of last week.
I found a rash in my fingers this week. Oh,I've got skin lumps.
I don't mind it so much during the day,I feel very itchy when I take a bath.


IMGP0078.JPG

漆はここ数年ほとんど塗っていなかったんです。塗っても年1回くらいでした。
今回立て続けに3回塗ったので体の許容量を超えてしまったんでしょうか。
一旦かぶれると約3週間で治るのですが、今回は3倍の量を吸った
ということになろうと思いますのでもう少し長引くかもしれません。

I haven't lacquered last few years but once a year at most.
I wonder 3 times lacquering this time are beyond tolerable level in my body.
Once you're poisoned, you'll be cured in about 3 weeks.
It probably means I've inhaled 3 times amount of lacquer.
I think it will last a little longer.


IMGP0083.JPG

お面の下塗り作業中、悪いことに目に見えない胡粉の粉が舞って
鼻に入り喉がイガイガする状態が続いています。
まさか今流行のウィルスではないと思いますが(笑)。
また、紙やすりでお面の凸凹の間をしごくので指の皮もこすれて
少し血が出て下塗りも一時中断しました。

While prim coating, even worse, my throat have been scratchy because of
invisible Gofun dust floating in the air.
I don't expect to know it's epidemic illness(laughing).
My skin of fingers were rubbed and bled a bit because of
sandpapering the uneven surface of the mask. So, I stopped prim coating, anyway.


IMGP0084.JPG

普段は1個完成させてから次に着手するのですが、今回は何個も
連続してやったので指に無理がかかったのではないかと思います。
でもこれは数日で治ります。例年この時期は花粉症になり涙、
鼻水が止まらないのですが今年はまだありません。

Normally I get started on next mask after I finished one.
I think it was hard on my fingers because the same work was repeated.
But I'll get well within a few says.
I'll have hay fever at this time of the year and
have watery eyes, a runny nose and sneezing.
But I don't get hay fever yet this year.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プロフィール

ニックネーム:
ijtot
性別:
男性
趣味:
絵、ギター
連絡:
Click here to contact ↓
読者メッセージを送る